検索
  • 展覧会設計ゼミ

2020.5.29

最終更新: 7月1日

先週(5/22)は、各自が金氏さんの作品に対する印象や疑問をご本人に投げかけました。


この日は、教員2名、ゼミ生10名、オブザーバーの大学院生2名で打ち合わせ。

5/23に配信された、チェルフィッチュ×金氏徹平による”消しゴム”シリーズのオンライン版『消しゴム畑』の感想を共有し合ったのち、アートテーク・ギャラリーにおける金氏徹平個展への「大いなる妄想」を一人一人発表していきました。


アートテークの構造を生かして何ができるか。

現実的な案から夢のような案まで。


実際にアートテークの平面図に書き込んでいきながらプレゼンテーションをしたり、






戸谷(四年)


イラストで示したり、








イ(大学院2年)


言葉で示したり。








大石(非常勤講師)



メンバー全員が、

アートテーク・ギャラリーでの’’今までにない’’展覧会を模索しています。


「大いなる妄想」をより膨らませ、

次週のゼミで金氏さんへプレゼンテーションをする予定です。

展覧会設計ゼミ 戸谷

46回の閲覧

©IEMURA seminar 2020

  • Black Twitter Icon