検索
  • 展覧会設計ゼミ

2020.8.7

前期最後の授業が終了!

今日は金氏さんに使っていただければいいなという素材をいくつかご紹介。私の方からはアクリルだんごというアクリル素材の透明な塊と、リクシルさんのガラスタイルを提案させていただきました。



金氏さんの反応は…好感触☺︎ 果たしてどんな素材が作品に使われるのでしょうか???

また、トークイベントについても日程を詰め始めました。

詳細が決まりましたら公開いたします!


そして、この日の話し合いのメインは展覧会タイトル決めです。

まずはゼミ生全員がそれぞれ考えてきたものを提案。…金氏さん、ちょっとお困りのご様子になりました。それもそのはず、バラエティ豊かでしたから(笑)。

最近は主催者にタイトルはお任せしているそうで(却下することもあるそうですが)、今回もこちらで軽く決めてから改めて提案することになりました。現在、ゼミ生の手元には2案が残っており、金氏さんの反応を待っているところです。果たして、お気に召していただけるのでしょうか!?それでは、タイトルの決定をもうしばらくお待ちください。


P.S. ゼミ生の有志3名と、大石先生と呉屋さん(大石先生の事務所のスタッフの方)で、アートテークギャラリーの模型を作ってきました!

なんと、呉屋さんが部品を一つ一つ図面化してコピーしてくださったので、我々学生はひたすらそれをボードから切り出し、接着剤でくっつけていきます。最初にお手本を見せていただいた時は思わず顔を見合わせて不安げだった3人でしたが、いざ始まってみると大変な集中力で作業が進みました。壁が立った時が毎回感動で、だんだん楽しくなってきました。今回は2階も使うということで、2階建ての大変立派な模型が完成しました。



呉屋さんが最後にすぐ人を作り出してくださり、人を置いてみました。



この模型は金氏さんと展示計画をする際に使い、作品を置いてみた時のイメージなどをする予定です。また、来年以降も大切に使えるよう、引き継いでいきます。

呉屋さん、模型材料と場所を提供してくださった青木事務所様、本当にありがとうございました!



展覧会設計ゼミ 降幡

132回の閲覧

©IEMURA seminar 2020

  • Black Twitter Icon