検索
  • 展覧会設計ゼミ

2020.9.18

こんにちは。

9月18日金曜日に後期のゼミ活動が始まりました!

前回の特集はいかがでしたでしょうか。

展覧会まで一ヶ月を切りました。

開催に向けて、本格的な活動に入りました。


そこで、今日は先週18日に行なった作業をご紹介いたします。


先日、京都にいらっしゃる金氏徹平さんから、

今回の展覧会で使用する予定の金属のモノがたくさん送られてきました。

ネジやビス、バネ、コップ、包丁etc......私たちが日常生活で目にするモノが沢山!


これらの金属のモノに色を付けるため、

「パウダーコート」という粉体塗装を施しました。

(パウダーコートとは、静電気塗装です。)


塗装のために、一つ一つのモノがくっつき合わないよう、間隔をあけて吊るします。


①<吐出> 

粉体塗料を空気に力でガンから吐出させながら、同時に静電気をかけます。



②<付着>

帯電した粉体塗料が、空気の流れにのって、アースされた被塗物(金属)に付着します。



③<焼付> 

オーブンで素材温度180度/30分加熱することで、粉体塗料が溶融→硬化して塗膜になります。


④完成!

塗装により、モノが違う表情を見せてくれました。



これらが、これからどのように彼の作品に溶け込んでいくのでしょうか。ドキドキします!

皆さんも、会場で見つけた時にはあっ!と思うことでしょう。

展覧会設計ゼミ ムンジヒョン(MOONJihyun)

51回の閲覧

©IEMURA seminar 2020

  • Black Twitter Icon